会社・社員紹介 Staff introduction

一日一日が真剣勝負。変わらぬ処理水質が私たちの誇り。

私たちは、ふだん委託された水処理施設へ派遣されて常駐し、管理・運営に携わっています。同じ派遣先に長く駐在することもまれではありません。ひとつの処理設備に長く携わることで、より詳しく共和式二段酸化法を学べ、メンテナンスのノウハウもより深く習得できます。
そんな私たちも、新年会や社員旅行など、年何度か集まる機会があります。同じ道を歩むプロ同士として仕事の話、そして趣味に、熱いトークで盛り上がります。
目に見えない絆で強く結ばれた仲間。それが共和メンテナンスの社員です。

1年の仕事の流れ

1年の仕事の流れイメージ

スタッフボイス

  • 水処理事業部 維持管理課 主任  平成16年入社
  • 山木
  • 技術者気質の職場で学んだことを生かし、環境保全を統括サポート。

自然環境を守る仕事に興味があり、その中でも自身が生活している地域の環境保全に関わる仕事に就きたいと思い入社を決めました。共和メンテナンスは、設備保全だけではなく、常に新しい技術開発に懸命に取り組んでいる姿勢にも惹かれました。
現在は、一般廃棄物最終処分場維持管理業務に携わっており、水処理設備の運転、監視、水質分析によるチェック、調整など水質維持管理に関する業務に従事しています。 以前から希望していた生活圏における地域環境保全に関われることはとてもやりがいに感じています。また、成果が現れるまで時間を要することもありますが、苦労を費やした分だけ水質の向上など、目に見える形で確実に成果に現れた時は格別な思いがあります。 入社当初は、機器の異変に気付きながらも対応が遅れて故障させてしまったことがあり、早急な対応の重要性と水処理管理の難しさを痛感したことがありました。そんな時に上司や先輩のフォローや厳しく指導してくれたことが自分を成長させてくれたと実感しています。 社内には様々な専門スキルを持った社員がいるため、技術支援も充実しており、若いうちから現場力・実践力を身につける事が出来る会社です。仕事は厳しく責任も大きいですが、その分大きな成長につながると思います。

  • 水処理事業部 維持管理課  平成24年入社
  • 毎日が全力投球。一歩一歩ベテランに近づく自分がいる。

学生時代から環境に関する興味があり、環境・バイオ科に所属していたため、水質問題などに関心を持っていました。就職活動中に共和メンテナンスの事を知り、水質測定やYM菌®を利用した高温発酵処理装置「YMひまわりくん」に携わりたいと考えていました。
実際、入社をして現場に配属された時、約7,000軒の住宅から排出される膨大な汚水量に圧倒され、その水量を毎日管理している現場の重要性を知り、この仕事が地域の人々の生活を支えると同時に環境にも貢献しているのだと大きなやりがいと責任の大きさを実感しました。 現在は、入社前に希望していた水質測定、「YMひまわりくん」の測定、脱水機運転などの業務、また畑作業といった仕事に携わっています。水質によって発生した汚泥を脱水したあと「YMひまわりくん」という高温発酵装置で肥料にするという環境保全に配慮した処理方法を行っており、常に環境への影響や汚染の予防、環境リスクの低減に努めています。また、仕事をする上でもっとも大切にしていることは現状をいかに維持できるかということ。異常が発生しないように安定した水質を保つことに配慮しており、管理の徹底を常に心がけています。